岐阜保健大学(現 岐阜保健短期大学)

menu

本学の特色

時代の要請に合った教育内容と特徴あるカリキュラム

常に先進医療に照準を合わせた教育を行います。その中で、医療従事者にふさわしい倫理的態度を養い、科学的根拠に基づいた判断力と常に自己の向上を図る意欲を持った看護師・理学療法士・作業療法士を育成します。
専門科目は、授業で学んだ理論をすぐに実践できる講義・演習一体型の実習室で、臨床場面のシミュレーションなどを活用し、確かな看護・リハビリテーション技術の修得を目指して指導を行います。教養を高めるための授業科目も多彩で、外国語(英語・中国語)の運用や情報処理能力を身につけるほか、国際関係や生命科学、また岐阜の風土と生活文化についても理解を深めます。

市街地から近く、最新の設備

JR岐阜駅・名鉄岐阜駅の南に位置し、交通アクセスも良く通学には非常に便利です。また、明るい講義室・実習室・演習室をはじめ、新装となった図書館には、パソコンや視聴覚機器が設置され、多くの医療系専門書が蔵書されており、教員や先輩との交流のできるアットホームな雰囲気を醸し出しています。

充実した奨学金制度

リハビリテーション学科生を対象とした本学独自の奨学金制度、入学金全額免除制度が用意されています。また、看護学部生については多くの医療機関からの奨学金制度が提供されており、奨学金貸与期間分を当該病院で勤務すれば、返済は全額免除されます。

きめ細やかな支援体制とアットホームなキャンパスライフ

学生個々の適正を把握し、その適性をさらに伸ばします。看護学部・リハビリテーション学科ともに担任制度を採用し、学業だけでなく進路(就職)や学生生活についても相談に応じ、学生とともに考え支援します。
学生と先生の距離がとても近いので、授業以外でも気軽に個別指導を受けたり、サークル活動を通して交流するなど、有意義な学生生活を送ることができます。

本学の「教育課程」と「学生支援」は、平成25年度に評価機関からの認定を受けました。

評価機関による認定