岐阜保健大学(現 岐阜保健短期大学)

menu

公的資金について

岐阜保健短期大学 公的研究費等の運営・管理に係る責任体系等

岐阜保健短期大学では、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日文部科学大臣決定)及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)の改定」(平成26年2月18日)の趣旨や内容を踏まえ、本学における公的研究費の適正な運営・管理を行うため下記の通り「不正防止計画(現行の取り組みを含む)」を策定する。

岐阜保健短期大学公的資金の責任体系

  1. 総括責任者: 学長
    ・学内全体を総括し、公的研究費等の運営・管理について最終責任を有する。
  2. 事務責任者: 事務局長
    ・最高管理責任者を補佐し、公的研究費等の運営・管理について統括し、責任及び権限を持つ。
  3. 研究倫理教育責任者: 看護学科 学科長、リハビリテーション学科 学科長
    ・公的研究資金の執行・管理についての部局を総括し、実質的な責任および権限を持つ。

公的研究費の不正使用・不正行為に係る通報の受付窓口

【短期大学】岐阜保健短期大学 公的研究費担当
 住所 岐阜県岐阜市東鶉2-92
 TEL 058-274-5001
 FAX 058-274-5260
 E-mail gihotandai@bz03.plala.or.jp
 

情報公開のページに戻る