岐阜保健大学(現 岐阜保健短期大学)

menu

シミュレーションセンター

東海エリア初の最先端シミュレーションセンター

東海北陸地区看護大学では初めてとなるシミュレーションセンターを、
2019年の岐阜保健大学開学にあわせて設置しました。

岐阜保健大学ではシミュレーターを使用して病室型教育訓練方法をとり、看護大学としては東海エリアで初の実践を想定した体験型教育を行います。

実際の臨床現場・臨床場面を模擬的に再現した学習環境を提供し、学生の模擬体験から医療者としての知識·技術·態度の統合を目指す教育です。その教育は、臨床の場を再現した状況の中で、人や機材に関わりながら体験とその振り返りによって専門的な知識·技術・態度を学んでいくものです。

時代のニーズに応える最新のシミュレーション教材

近年、命に関わる責任ある仕事には現場に出る前に「シミュレーション」によってたくさんの経験を積むことが求められます。
最も有名な事例のひとつとして航空機のシミュレーションがあります。
看護師もパイロットと同様に常に命と隣合わせの職業です。そのため、看護の分野でもシミュレーションによる教育が重要視されています。

実践の場に近い学習環境を提供するさまざまな設備

学習ラボ 7カメラのアングルから、高性能シミュレーターの様子を撮影している状態を、看護ケアの実践と同時にチェックできる高機能システムを導入しています。

メディア掲載