学校法人豊田学園
岐阜保健短期大学

リハビリテーション学科
作業療法学専攻

ページメニュー
・作業療法学とは
・教育目標
・学びの特色
・卒業時取得できる資格

●作業療法学とは
作業療法とはリハビリテーションの一分野を担う、日常生活の諸動作の自立、社会的・心理的適応能力の改善を目的とする、国家資格を必要とする仕事です。病気や事故で身体や心に障害を持ってしまった患者さんの、心身の回復、食事や着替えなどの身辺処理能力の回復、就労能力の回復などを目標に、リハビリテーションを行います。
作業療法士には、様々な疾患や障害に対応できる「知識」、患者さんが障害を克服できるように導く「技術」、医療従事者として質の高い「態度」、の、3つの能力が求められます。
作業療法士は、患者さんが直面する様々な障害について、患者さんと一緒に考え、乗り越えていくなかで、自分も人として大きく成長をさせてもらえる、とてもやりがいのある素晴らしい職種です。

●教育目標

医療従事者としての「態度」、療法士としての「知識」、「技術」を身につけた臨床家を育成する。
業療法学の発展に貢献できる研究・教育者としての資質を身につけた作業療法士を育成する。

●学びの特色

  1. 岐阜保健短期大学 リハビリテーション学科 作業療法専攻では、充実したカリキュラムによって、質の高い知識・技術・態度を身につけた作業療法士を養成します。前身である医療専門学校での実績を、さらに発展させるため、教員と一体感のある教育を実践します。
  2. 3年過程のカリキュラムのため、4年制大学や4年制専門学校の教育課程より、1年早く臨床の現場で活躍できます。卒業時には「短期大学士」の学位が授与されます。
  3. 具体的には、国家試験対策セミナー、模擬試験、教員による個別指導を通して、国家試験合格率100%を目指した万全の援助を行います。
  4. 岐阜県内の医療施設、進学を含めて、全国各地への就職に対して援助をします。
  5. 卒業後の様々な相談に、親身になって援助を行います。

●卒業時取得できる資格

  1. 作業療法士国家試験受験資格
  2. 大学等への編入試験受験資格

岐阜市東鶉2-92
岐阜保健短期大学
TEL 058-274-5001
・メール

トップページへ戻る
このページのトップへ