岐阜保健大学(現 岐阜保健短期大学)

menu

看護学部 看護学科

全日制4年 共学

幅広い知識と国際的視野を持った看護師を育成します

今、社会は大きく変わろうとしています。
少子・超高齢時代を迎え、看護に対する人々のニーズも高くなり「より豊かに」「より幸せに」生きたいと願うのは、人間の基本的な欲求です。本学部では、そのような社会で求められる有能な看護師の育成に全力を注ぎます。人間性豊かな看護師となるために必要な知識および高度な技術を専門的に教育し、社会に貢献できる人材を育成します。人と人とのふれあいの中で生まれる人間関係を大切にし、人々のために役に立ちたいと真に願うみなさんの入学を待っています。

看護師の仕事とは?

医療現場において、医師が患者を診療する際の補助、病気や障がいを持つ人々の日常生活における援助、疾病の予防や健康の維持増進を目的とした指導を行います。また、患者に対する看護計画の立案、病院の運営への参画、地域の人々との交流など、自らが工夫し働きかける仕事もたくさんあります。今や活躍の場は医療現場のみにとどまらず、福祉分野などからも幅広く人材が求められています。近年は外国籍患者の増加や、医療や福祉の現場での国際的な人材交流もあり、よりグローバルな視点に立つことが求められています。

看護師は高い倫理性と専門性が求められる職業です。
本学部のカリキュラムの目標は、グローバルな視野と科学的根拠にもとづいて思考し、判断し、行動できる看護師を育成することです。
4年間の学修を通して看護の専門的知識·技術の修得とともに、幅広い教養と人間性を培います。「人々に安心していただける看護実践力」をめざす皆さんを、私たちは力強くサポートします。

岐阜保健大学看護学部の5つのポイント

シミュレーションセンター(医療人育成センター)の演習で多様な現場に応える力を培います
東海エリアで初めての最先端シミュレーションセンター(新設)では、病室・新生児室・集中治療室・診察室を再現し、学生が実践に近い看護を演習することができます。自分が行った手技を撮影し確認したり、学生同士で看護技術の問題解決をすることで、現場で必要な実践力を培います。実習指導者は5人に1人配置し、学生一人ひとりの理解を深めます。
実践的なプログラムで看護師として即戦力を養います
看護師として必要な基礎看護教育分野から、専門基礎分野、さらに現場で活躍できる実践的な知識、技術を学びます。
社会で求められる幅広い知識、ヒューマンケア能力を身につけるコアカリキュラムによる教育をおこないます
常に先進医療に照準を合わせた教育と医療従事者にふさわしい倫理的態度を養い、地域包括医療・福祉・保健の現場において必要なヒューマンケアを身につけていきます。
4つの研究センターで患者さんを深く理解するこころを養います
大学発ネウボラ的継続母子支援センター、高齢者認知症予防センター、多文化共生・多様性健康推進センター、多職種連携実践センターの4つの研究センターでは、実際に赤ちゃん・お母さん・高齢者の方とのふれあいを通じて、豊かな人間性を養い、地域の健康を支える看護師を育成します。
  • 大学発ネウボラ的継続母子支援センター:命と向き合い社会と共に新しい小さな命を大切に育み産み子育てする家族を支援する実践力を育成します。
  • 高齢者認知症予防センター:認知症の人やその家族、各専門家や地域住民が集う場として提供し、お互いに交流したり、情報交換して、高齢者とのふれあいを支援する実践力を育成します。
  • 多文化共生・多様性健康推進センター:国籍、民族、文化、言語、性などの「ちがい」を越え、共に豊かに生きることのできる交流の場において、外国人とのふれあいを支援する実践力を育成します。
  • 多職種連携実践センター:岐阜保健大学の専門職種を生かして、地域の多職種連携を異なった専門的背景をもつ専門職が情報共有や情報交換を行い、質の高い教育を提供します。
一人ひとりに合った万全のバックアップ体制で学びを支援していきます
一年次から看護師国家試験対策のため、模擬試験や少人数制でアドバイザーによる徹底した個別指導をおこない、国家試験合格をめざします。一人ひとりの学生による「自分らしい将来」の設計をサポートする「キャリアデザイン室」も新設されました。

看護師になるには

看護師になるための進路コースとして、看護大学への進学が増えています。岐阜保健大学看護学部は免許取得前の教育が専門職としての基盤づくりに最も重要であると考え、4年間の看護師基礎教育を推進してい きます。

看護師へのステップ

臨地・臨床実習施設の紹介

「地域に根ざした実践者として活躍できる看護師の育成」をめざして、高度な専門的治療を担う総合病院や近隣の地域と密着した施設等で実習します。現場の臨床指導者と本学の専任教員が協働しサポートを行います。

  • JA岐阜厚生連 中濃厚生病院

    看護部長
    太田 栄子さん

    中濃厚生病院は、地域の方から信頼される看護の提供を目指しています。救命救急センターを併設し、高度急性期医療から退院を見据えた在宅につなげる看護を実践しています。患者さんの生活の質の向上に焦点を当て、その回復過程の変化にやりがいを感じる看護、患者さんやご家族、職員の温かなつながりと豊かな人間性の育みを大切にしています。

  • 公益財団法人 岐阜病院

    副院長兼看護部長
    前田 美佐子さん

    岐阜県内の精神科医療の中核病院として、「安全で安心な看護の提供」を看護理念とし、人と人との関わりを尊重した精神看護の充実に取組んでいます。病院から地域生活に向けた退院調整を活発に行い、患者参加型のカンファレンスに取組んでいます。実習は、10施設を受け入れ、精神科看護を学ぶ環境を整備しています。

  • 大垣徳洲会病院

    看護部長
    西村 なおみさん

    当院は急性期から回復期リハ、療養病棟さらに在宅へと、地域住民の方が安心して暮らしていけるよう切れ目のない医療の提供を目指しています。患者さんの一番近い場所にいる看護師には患者さん、家族を地域へとつなぐ役割があります。知識や技術にとどまらず、コミュニケーションスキルや倫理的感性のある看護師の育成は看護基礎教育から始まると考えて臨地実習も行っています。

  • 岐阜県立総合医療センター
  • 独立行政法人
    国立病院機構長良医療センター
  • 岐阜ハートセンター
  • 一宮西病院

看護学部長より 体験から学んだ看護とは

私が看護師として初めて勤務したのは小児外科病棟でした。そのできごとは冬の中でも最も寒い時期の2月、勤務2年目のことでした。その赤ちゃんは先天性食道閉鎖症で、唾液や母乳が気管に流れ込まないために食道と胃をつなぐ難易度の高い手術が必要で、分娩室から直ちに手術室に運ばれました。手術は昼間の時間では終わらず、深夜2時過ぎに終了しました。私は深夜零時からの勤務で、手術を終えた赤ちゃんを迎えるために保育器等を準備してその時を待っていました。赤ちゃんと一緒に病棟に現れたのは麻酔科部長であり、疲労困懲した姿から深刻な事態であることを察しました。部長から術中の経過を聞き、観察を始めましたが、1時間も経過しないうちに呼吸等のトラブルが発生し、当直外科医に対応を依頼しました。しかし空が白みかけた頃には幼い命は天に召されてしまいました。

赤ちゃんの祖父から真新しいベビードレスを預かり、温もりが微かに残った柔らかい肌に丁寧に衣類を着せ終わった時に、淡い色彩の毛糸で編まれた小さな靴下が目に留まりました。履かせなくてはという思いと共に私の頭をよぎったのは、小児看護学で学んだ師長さんの言葉でした。「新生児は長下着で十分に覆われているため靴下は必要ありません。足裏で様々な感覚を感じるにはむしろ履かせない方がよいのです」。でも、この赤ちゃんのために準備されたのだから...と、しばらく考えましたが、私の判断は師長さんの言葉にしたがっていました。長いドレスの裾で足を包み込み、おくるみの中に寝かせました。そして霊安室に案内する前の時間を大切にしていただきたいと私は席を外しましたが、小一時間ほどしてから目にしたのは、「おう、おう、寒かったろうに...」と涙を流しながら慣れない手つきであの靴下を履かせているおじいさんの姿でした。

私は、自分の判断が誤っていたこと、家族の気持ちに寄り添えなかったことを恥じ、ふがいなさで全身真っ赤になりました。自分の未熟さに直面し、心底消え入りたいと思いましたし、技術力や知識では誰にも負けないという私の傲りの気持ちがそうさせと反省しました。それを契機に相手の立場に思いを馳せることのできる看護師になりたい、病や障害を持った人の声なき声に真摯に耳を傾けることのできる看護師になりたいと思いました。

悲しみや苦しみ・痛みは他者が替わることはできませんが、その気持ちを少しでも分かち合えるように努力することはできると思い、今に至っています。

岐阜保健大学が育てたいと思うのは、看護専門職としての知識や技術は勿論のことですが、何よりも相手の立場に立って考えようとする姿勢を持った看護師です。

そして、人の役に立ちたいと願うあなたの夢を実現するために、その基盤となる理論や態度の育成を責任持って支援します。さらに、地元である岐阜の歴史や文化を知り、岐阜の医療保健福祉の充実に貢献できる力を持った人材育成を目指します。

岐阜保健大学 看護学部長(就任予定者)
臼井 キミカ