岐阜保健大学

menu

看護学部 看護学科

4年課程 共学

幅広い知識と国際的視野を持つ看護師を育成します

進展する高齢化社会の要望に応えるため、知恵を開き合い、手を携えて諸課題の解決に取り組むことができる看護師を目指します。
地域のヘルスケアサービスのコンシューマーである地域住民に対する支援、他職種との連携強化、看護の判断力など、看護職者に求められるニーズに対応できる基礎的能力を育み、アクティブな知を獲得できるよう支援します。

学びの特長

看護実践力を強化するアクティブラーニングを重視した教育
岐阜保健大学シミュレーションセンターを利用した実践的な演習教育をしていきます。
1年次から始まるヒューマンケアの実践教育
岐阜保健大学研究センターの設置により、日常的に患者さんや周囲の方々とのふれあい、語り合いの機会を作っていきます。
全員で合格を目指す万全な国家試験対策
WEBを用いた効率的な学習システムと教員によるきめ細かい指導で、国家試験の合格を力強くサポートしていきます。

「+α」の専門スキルが身につく強化プログラム

看護師の国家試験100%を目指したカリキュラムを展開し、授業外の資格取得のサポートとして「国家試験対策講座」を1年次から4年次まで設定しています。他にも、各国家資格とは別に4年次に設置する医療現場に適応した「選択強化プログラム制度」により、多様な専門性を見据えた自身の強みを獲得し、社会で活かすことができます。

充実の演習・実習施設

シミュレーションセンター(医療人育成センター)の演習で
多様な現場に応える力を培います

東海エリアで初めての最先端シミュレーションセンター(新設)では、病室・新生児室・集中治療室・診察室を再現し、学生が実践に近い看護を演習することができます。自分が行った手技を撮影し確認したり、学生同士で看護技術の問題解決をすることで、現場で必要な実践力を培います。実習指導者は5人に1人配置し、学生一人ひとりの理解を深めます。

4つの研究センターで患者さんを深く理解するこころを養います

大学発ネウボラ的継続母子支援センター、高齢者認知症予防センター、多文化共生・多様性健康推進センター、多職種連携実践センターの4つの研究センターでは、実際に赤ちゃん・お母さん・高齢者の方とのふれあいを通じて、豊かな人間性を養い、地域の健康を支える看護師を育成します。

  • 大学発ネウボラ的継続母子支援センター:命と向き合い社会と共に新しい小さな命を大切に育み産み子育てする家族を支援する実践力を育成します。
  • 高齢者認知症予防センター:認知症の人やその家族、各専門家や地域住民が集う場として提供し、お互いに交流したり、情報交換して、高齢者とのふれあいを支援する実践力を育成します。
  • 多文化共生・多様性健康推進センター:国籍、民族、文化、言語、性などの「ちがい」を越え、共に豊かに生きることのできる交流の場において、外国人とのふれあいを支援する実践力を育成します。
  • 多職種連携実践センター:岐阜保健大学の専門職種を生かして、地域の多職種連携を異なった専門的背景をもつ専門職が情報共有や情報交換を行い、質の高い教育を提供します。

臨地・臨床実習施設の紹介

「地域に根ざした実践者として活躍できる医療職の育成」を目指して、高度な専門的医療を担う総合病院や地域に密着した保健福祉施設などで実習を行います。現場の指導者と本学の専任教員が連携しサポートを行います。

  • 名古屋大学医学部附属病
  • 岐阜県立総合医療センター
  • 岐阜県立多治見病院
  • JA岐阜厚生連 中濃厚生病院
  • JA岐阜厚生連西美濃厚生病院
  • 公益財団法人 岐阜病院
  • 岐阜ハートセンター
  • 大垣徳洲会病院
  • 一宮西病院
病院
  • 岐阜大学医学部附属病院
  • 朝日大学病院
  • 愛知医科大学病院
  • 津島市民病院
  • JA岐阜厚生連東濃厚生病院
  • JA岐阜厚生連揖斐厚生病院
  • JA岐阜厚生連岐北厚生病院
  • JA愛知厚生連稲沢厚生病院
  • 木沢記念病院
  • 澤田病院
  • 増子記念病院
  • 八千代病院
  • 可児とうのう病院
  • セブンベルクリニック
訪問看護ステーション
  • サンライズケアステーション
  • まつまえ訪問看護ステーション
  • みずほ訪問看護ステーション
  • みどり訪問看護ステーション
  • 小笠原訪問看護ステーション
  • 訪問看護ステーションひかり
  • 訪問看護ステーションほほえみ
  • JA岐阜厚生連西美濃厚生病院訪問
    看護ステーションようろう
  • JA岐阜厚生連揖斐厚生病院
    いび訪問看護ステーション
  • JCHO可児とうのう病院附属
    訪問看護ステーション
介護老人保健施設等
  • 介護老人保健施設 いこいの里2号館
  • 介護老人保健施設 寺田ガーデン
  • 介護老人保健施設 山県グリーンポート
  • 介護老人保健施設 仙寿なごみ野
  • 山内ホスピタル介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム サンライフ彦坂
  • 特別養護老人ホーム 寿光苑
  • 特別養護老人ホーム リバーサイド川島園
  • 特別養護老人ホーム 葉栗の郷
歴史博物館
  • 岐阜市歴史博物館
保育園・幼稚園・こども園
  • 梅林保育園
  • 児童福祉施設 鏡島保育園
  • かぐや第二幼稚園
  • 鶉保育園
  • 児童福祉施設 華陽保育園
  • 加納西認定こども園
消防署
  • 岐阜南消防署

看護学部長のことば 体験を積み重ねる実習の中に、看護の成長と醍醐味がある

看護の学びには、1つ1つの段階で「次はこうしたら患者さんのニーズに沿えるのではないか」と考え、自分を高めようと学び続ける姿勢が必要です。身体的な側面だけでなく、患者さんの心やこれまで生きてきた社会的な歴史まで、総合的に見守る力を身につけるためにも、実習は非常に大きな意義があります。単に学んだことを形として真似るのではなく、患者さん1人ひとりに合ったケアだったかをしっかりと振り返り、理論や研究と実習での体験を積み重ねていくプロセスが大切です。体験を積み重ねる中で看護の質を高め、看護の醍醐味を感じてください。

岐阜保健大学 看護学部長
臼井 キミカ